二重まぶたの作り方

二重まぶた,作り方

二重まぶた 作り方はどうやるの?

二重まぶたの作り方を知りたい人は多いでしょう。特に、女性であれば大きな瞳に憧れるはず。実際、私もパッチリ二重の大きな瞳に憧れていました。では、一重まぶたの人がパッチリとした二重まぶたにするための作り方はどうしたらいいのかと言いますと、



・二重まぶたの整形手術を受ける
・二重まぶたのラインを長時間維持する(矯正する)



このどちらかしかありません。なお、これら二重まぶたの作り方にはメリット・デメリットがあります。ですので、どちらの二重まぶたの作り方を選ぶにしても、まずはメリット・デメリットをしっかりと理解することから始めましょう!



●二重まぶたの整形手術 メリット・デメリット


二重まぶたの整形手術とは、文字通り「手術で二重まぶたを作る方法」です。メリットとしては、「簡単でスグに理想の瞳になる」二重まぶたの作り方だということ。埋没法などの整形手術後2週間くらいすれば、目元の腫れも治まり二重まぶたが完成しています。ただし、「料金が高額」「一重まぶたに戻ってしまうリスクがある」「手術自体が失敗してしまうリスクある」というデメリットがあります。→二重まぶた整形手術の体験談も読む



●二重まぶたのラインを長時間維持(矯正) メリット・デメリット


二重まぶたのラインを長時間維持(矯正)とは、「マッサージしたり道具(アイプチなど)を使って理想の瞳にする」二重まぶたの作り方です。メリットとしては、マッサージなら無料ですし、道具(アイプチなど)を使うにしても安い金額しか必要ないということ。それに、二重まぶたのラインが出来上がると、それ以降は水に入っても目をこすっても元に戻らないようになります。デメリットとしては、ある程度の時間がかかるということ。まぶたに二重のラインをクセ付けするわけですが、埋没法など整形手術のように2週間程度では無理です。1ヶ月程度は時間が必要だということを覚えておきましょう。→二重まぶたを自分で作る方法を読む